間模様を学する

― 数理モデリングによる建築・都市計画 ―
previous arrow
next arrow
Slider

本間(裕)研究室では,建築・都市を定量化するための道具として数理モデリングを用い,より良い建築・都市計画へと結びつけるための可能性を探求しています.さまざまな人々によるさまざまな行為,すなわち「人間模様」の本質を見つめ,建築⇔都市を繋ぐシームレスな設計へと展開すべく,日々ディスカッションを重ねています.
→詳しくは (Theme)

 

Message for Future Members

2021年度の大学院入試を受験される皆さんへ

本研究室の大学院生は東京大学大学院工学研究科建築学専攻に所属することになります.入学を希望される方は,東京大学大学院工学研究科建築学専攻の入学試験を受験ください.試験形態など詳細については,必ず専攻ホームページで最新情報を確認ください.
研究室見学を希望される方は,お気軽にお問い合わせください.キャンパスに来ていただく形での研究室見学,Zoomなどのオンライン会議システムを用いた研究室見学,どちらの希望も受け付けています.

2021年度版の研究室紹介スライドはこちらです.研究概要をまとめた以下の動画や,パンフレットもご覧ください.

 

Latest News

建築計画学第4を開講します
2021年度S2ターム科目として,“建築計画学第4”を開講します.講義シラバスはこちらとなります.講義内容に関し質問等あれば,お気軽にお問い合わせください.
初回日時:2021年6月10日(木)14:55~
形態:zoomによるオンライン(URLは学務システムを参照のこと)
日本都市計画学会・学会賞をダブル受賞しました
本研究室にて博士課程を修了した渡部宇子さん(現・特任助教)の博士学位論文が,日本都市計画学会・論文奨励賞を受賞しました.論文名は「建築物による日影が街区の日照環境に与える影響 -建築物の高層化を踏まえた形態規制の定量的評価-」となります.
また,本研究室にて修士課程を修了した白濱篤くんとの共同研究成果が,同学会・年間優秀論文賞を受賞しました.論文名は「地域間流動データに基づく多層的な交流圏域の推定手法 -人口移動ならびに物流データを用いた分析例-」となります.
研究インタビュー記事が掲載されました
博士課程在学中の井澤佳織さん(東京大学インクルーシブ工学連携研究機構価値交換工学・萌芽研究RA)の研究インタビューが掲載されました.「建築保存の可能性を広げる文化的価値と経済・社会的価値の交換」に関する内容となります.
日本航空と中高生向けワークショップを実施しました
日本航空×東京大学生産技術研究所・次世代育成オフィスによるコラボレーション企画として,中高生向けワークショップ「飛行機ワークショップ2020-みんなが作った路線に飛行機を飛ばしてみよう!」を実施しました.当日の模様は,Aviation Wireや,乗りものニュースなどの各種メディアで,大きく取り上げられています.
国際会議ICMMA2020にて招待講演を行いました
明治大学先端数理科学インスティテュートが主催する国際会議ICMMA 2020 International Conference on “Design of Comfortable Life using Mathematical Sciences”にて,”Spatial Optimization To Understand The Essence of Human Society”と題した招待講演を行いました.詳細はこちらをご覧ください.また,当日のスライドはこちらとなります.

→過去のNewsはこちら