Latest News

2020年

RCA_IMDCシンポジウムに登壇しました
英国を代表するデザイン系大学Royal College of ArtのIntelligent Mobility Design Centreが主催するシンポジウム”Designing Intelligence into our Cities”にて,研究成果を話題提供しました.詳細についてはこちらをご覧ください.また,当日のスライドはこちらとなります.また,レコード映像もYoutube配信されていますので,ご覧ください.
開催日時:Session 1  2020年6月19日(金)10:00~13:00(現地時間)
     Session 2  2020年6月19日(金)15:00~17:00(現地時間)
     Session 3  2020年6月24日(水)15:00~17:00(現地時間)
Inspire Talksに登壇しました
DLX DESIGN ACADEMYが主催するトークイベント,Inspire Talksに,プレゼンターとして登壇しました.”AI or not AI!? – That is the Question!”をテーマに他3名のプレゼンターの方と活発なディスカッションを行いました.当日の詳細はこちらです.また,レコード映像もYoutube配信されていますので,ご覧ください.
開催日時:2020年5月28日(木)19:00~20:30
日本建築学会計画系論文集に論文が採択されました
研究成果が,日本建築学会計画系論文集に採択されました.「視認の非対称性を考慮した鑑賞者の位置と総数による展示空間の数理的評価」というタイトルで,美術館において人が鑑賞しやすい位置と総数を解析する,新たなる数理最適化手法を提案したものです.2次計画問題として定式化することによって,自分と他者との視認のされ易さを明示的に考慮しています.全文公開は2020年9月の予定です.
Journal of Disaster Researchに論文が採択されました
研究成果が,英文誌Journal of Disaster Researchに採択されました.タイトルは「Traffic Impacts of On-Street Parking Cars on Secondary North-South Streets in Downtown Yangon」です.ミャンマー・ヤンゴン市で問題となっている多数の路上駐車が,交通流に及ぼす悪影響を,GISデータに基づき分析しています.本成果は,JST・JICA共同実施の地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム,SATREPSプロジェクトによるものです.論文全文がこちらでお読みいただけます.

2019年

建築計画学第4を開講します
2019年度S2ターム科目として,“建築計画学第4”を開講します.講義シラバスはこちらとなります.講義内容に関し質問等あれば,お気軽にお問い合わせください.
初回日時:2019年6月6日(木)14:55~
教室:工学部一号館11号教室

ファッショントレンドの数理解析成果に関するプレスリリースを行いました
オンラインメディアFASHION PRESSを運営する株式会社カーリンとの共同研究成果に関するプレスリリースを行いました.詳細はこちらとなります.3月30日付けの朝日新聞経済面でも紹介されました.

IJHEに論文が採択されました
IJHE(International Journal of Hydrogen Energy, Impact Factor: 4.229)に論文が採択されました.代替エネルギー車のインフラ整備計画において,移動パターンを考慮することの重要性を明らかにしています.

2018年

2019 TRB Annual MeetingのLectern Sessionで発表しました
アメリカで最も歴史ある交通工学系会議The Transportation Research Board (TRB) 98th Annual MeetingのLectorn Sessionに研究成果が採択され(投稿件数 約6000件の上位1割程度),ワシントンにて発表を行いました.

代替燃料車に関するシンポジウムを開催しました
本研究室では,代替エネルギー車のインフラ整備計画に関する数理的研究を推進しています.その研究成果発信の一環として,シンポジウムを開催いたしました.当日の詳細はこちらです.

(株)オクトーバースカイWebサイトで研究内容が紹介されました.
(株)オクトーバースカイより「Gurobi Optimizerを採用した次世代自動車の燃料補給のための施設配置問題」の研究内容についてインタビューを受けました.詳細はこちらとなります.